ほったらかし温泉

平成11年にできた当時は知る人も少なかった温泉ですが、あれよあれよという間に人気がうなぎのぼりに上昇し、いろんな意味でりっぱになりましたね。行くまでの道は広がりましたし(昔は車一台分しかなかった)、駐車場も凄く広くなりました。昔なかったホームページも出来てますしね。
それでも、何度でも行きたくなる温泉です。ロケーションが最高ですし、開放感があって、湯船につかって長時間ぼーっとしていたくなります。山梨市のある山の中腹に笛吹川フルーツ公園というところがあります。そこには富士屋ホテルもあるんですが、ほったらかし温泉はそこからさらに道路を上に進んだところにあります(フルーツ公園真上にある「ぷくぷくの湯」と間違えないでください。もっと上です)。山の上ですので当然絶景、晴れていれば富士山が見えますし、夕刻以降は山梨の夜景がとてもきれいです。営業時間は「日の出1時間前から」となっており、朝日をお風呂から見れるように配慮されているのも心憎いですね。年中無休ですから、初日の出も見れます。
人が多くなってきたので、新しい湯船ができ、もとからあったところを「こっちの湯」、新しいところを「あっちの湯」と呼んでいます。それぞれ別の源泉になっていて、料金も別々にかかります。「あっちの湯」の方が2倍ほどの広さだそうですが、入った感想では私にはあんまりわかりませんでした。こっちの湯でも充分な広さですから。どちらも湯船が3段になっていて、どこからでも山梨市を見下ろす景色があじわえます。一番上が木のお風呂、下の方は岩をくみ上げたお風呂です。雨が降った場合の菅笠なんかも用意してあります。
泉質は「あっちの湯」も「こっちの湯」もアルカリ性単純泉。こっちの湯は加熱使用で、人が多いときは循環利用もされているとのことですが、そんなことはこの温泉については重要なことではありません。
休憩所は大きな屋根で壁のない建物というのも大衆的でいい感じです(壁のある建物も増設されましたが)。軽食や飲み物が売ってますが、お勧めなのが揚げ玉。文字通り卵に衣をつけて揚げてあるんですが、これが実にうまい。
あと、ここの(バス)タオルのデザインが温泉らしくて味があるので、いつも買って帰ります。

ほったらかし温泉の基本情報

営業時間:日の出1時間前から〜22:00(最終入館時間は21:30)。年中無休。
料金: 大人(中学生まで) 600円、子供(0才以上小学生まで) 400円。
    平成20年9月10日から大人は 700円に値上げ。
駐車料金:無料(280台)
所在地:山梨県山梨市矢坪1669-18
TEL:0553-23-1526
アクセス:JR山梨市駅からタクシーで10分。
     中央自動車道勝沼I.C又は一宮・御坂I.Cから車で約30分。

ほったらかし温泉の公式ホームページへ

Copyright (C) Parkside All Rights Reserved.