時之栖 気楽坊(ときのすみか きらくぼう)

静岡県御殿場に時之栖(ときのすみか)という総合レジャースポットがあります。そこは11月中頃から年末にかけてイルミネーションが有名で(これは必見!感動ものです)、それを見にいったついでに、時之栖内にある入浴施設「気楽坊」に入ってきました。渋滞にあわなければ東名高速で東京から1時間半あれば到着します。

1階のフロントで受付を済ませて2階へ(エレベーターあり)。2階には広い無料休憩所やマッサージ処、レストランもありますが、それらを通り過ぎて脱衣所へ。男性の場合、脱衣所から浴室への入口が二つあり、それぞれ別々の浴室に通じています。一つだけでも充分な広さがあります。二つの浴室はほぼ同じ感じで、大湯船(多分、トリマリン風呂)などは同じなんでしょうが、一方には死海の湯のような体が浮かぶ塩の湯があり、もう一方には炭酸風呂があります。いずれの浴室も露天への扉があり、それぞれ似たような露天風呂があり、その先で相互につながっています。露天にはジャグジーやサウナもあります。サウナは内湯にもありますが、露天のサウナは中低温ということです(個人的には違いがよくわかりませんでしたが)。一方、女性のお風呂は浴室は一つで広々としたつくりになっています。多分、女性風呂の方が増設した新しい施設なんでしょうね。その他、寝湯や日替わり風呂などがあり、この日は日替わり風呂は10種類の薬草が入ってました。個人的にはこのお風呂が木の深い浴槽で香りもよくて気に入りました。お風呂は広くて芋洗い状態になることはまずないと思いますが、脱衣所の通路が少し狭いのと、洗い場がもう少しあった方がいいのではと少し思いました。まっ、私達はスムーズに利用できましたので、杞憂かもしれませんが。

泉質的にはあまり特筆すべきことはないと感じました。アルカリ性単純温泉で無味無臭ですし、温泉も循環ろ過式で加温しているようですので、いい温泉を期待していくとハズレって感じると思います。

時間制限なしの入湯料金は高いので(大人だと平日でも1500円、休日だと2000円)、宿泊客でなければ多くの人は1時間限定の日帰り料金で入ることになり、ちょっとせわしないでしょうね。気楽坊は時之栖内のホテルの入浴施設も兼ねているので(ホテル時之栖には繋がっている)、そんなに日帰り入浴客を捕まえる必要性がないので、こんな感じになっているのでしょう。

でも、ここのいいところは環境でしょう。晴れていれば正面に富士山を望む事ができます。残念ながら私達の立ち寄った日は曇りだったのでダメでしたが。また、時之栖内には御殿場高原ビールのお店があって、入湯後にうまいビールを飲む事もできます。私は「麦畑」というバイキング(80分食べ放題)の店に入りましたが、御殿場高原ビール飲み放題ですし、料理もおいしく、大満足でした。その他、時之栖内にはプラスティックスケートリンクやテニス、サッカー、ビーチバレー等各種スポーツ施設もあります。車なら御殿場アウトレットもスグですよ。

また、時之栖内には、別途18歳未満は入れない大人だけの入浴施設「茶目湯殿」もあります。我家はファミリーなのでいけませんでしたが、静かにお風呂を楽しみたい方はそちらに行かれても、あるいはハシゴ湯をされてもよいかもしれませんね。写真で見ましたが「茶目湯殿」は福井県の豪商の家を移築したものだそうで純和風の雰囲気が素晴らしく、ゆったり楽しめるように、人が多いと入場制限までかけるそうです。

時之栖 気楽坊の基本情報

営業時間:10:30〜深夜2:00
定休日:年中無休
料金: 1日券 大人(中学生まで) 平日1500円/休日2000円、
         子供(5才以上) 平日700円/休日1000円。
    立ち寄り湯(60分) 大人 平日800円/休日1000円、子供 平日400円/休日500円。
駐車料金:無料(1000台。時之栖内で共用)
所在地:静岡県御殿場市神山719
TEL:0550-87-5126
アクセス:東名高速 裾野インターから車で約5分。
     JR御殿場線 岩波駅から タクシー約5分。
     JR東海道新幹線 三島駅から無料シャトルバス 50分。

時之栖 気楽坊の公式ホームページへ

Copyright (C) Parkside All Rights Reserved.