もえぎの湯

青梅線の終着駅である奥多摩駅から徒歩10分の場所にある日帰り温泉です。場所がら、ハイキング客がよく立ち寄るのではないかと思います。私も東京の最高峰・雲取山に登ったかえりに立ち寄りました。

結論からいうと、私的にはビミョーでした。
ハイキング客が奥多摩駅を利用してJRで帰る場合、ハイキングの汗を洗い流すために立ち寄るのに、その後再び駅まで10分ほど歩かねばならず、結局また汗をかいてしまうんですよね。タクシーを呼んでもらおうかとも思いましたが、「ここはタクシー無いんです」ということでした(ウソか本当かわかりませんが)。まあ、タクシーは贅沢かもわかりませんが、マイクロバスみたいなものを用意して欲しいなって思います。

というわけで、もえぎの湯に行くなら、車利用の方がよいです。車で奥多摩につりやラフティング、キャンピングなどのアウトドア・アクティビティに来ている方向けですね。

山奥の温泉と言うことで自然な湧き湯を期待してたんですが、地中深くまでボーリングして、東京の街中と同じく古成層から汲み上げてる温泉なんですね。但し、もえぎの湯のお湯は東京でよくある「黒湯」ではなく無色透明です。油みたいにヌルヌルしていて何だか不思議な感じです。フッ素泉という泉質だそうです(フッ素って歯を守るヤツ?)。お肌にはいいかもしれません。

それと、川沿いにあるんですが、川の見晴らしがあまりよくありません。これもまあ、川から裸が見られるといけないからかもしれませんが、立地のメリットがあまりないような感じをうけました。

施設はキレイだし、源泉100%だし、料金も高くないし、接客もいいし、上記以外はいいんですけどね。あと、縦長ザックを持っている人には、大きなロッカーを貸してくれるのも嬉しいです。

内湯がひとつと、屋根つきの露天風呂がひとつあります。どちらも適度な広さで、そんなに混んでなくてよかったです(但し、私が行ったのは平日です)。入口付近には足湯もあります(入浴客や小学生をのぞき100円)。

更衣室を出たところにマッサージ機と自販機あり。また、上の階にレストランがあって、セルフサービスで食事も可能です。ただ、何も食べずに休憩するのは、居心地悪そうですね。

東京都国民健康保険加入者割引(約半額)がありましたが、知らなかったので利用しませんでした。あらかじめ専用用紙をもらっておく必要もあるようですね。あと、ホームページに割引クーポンがあります。

もえぎの湯の基本情報

営業時間:9:30〜20:00(7-9月は21:30、12-3月は19:00まで)(最終入館時間は終了の1時間前まで)。
料金: 2時間まで 大人(中学生まで) 750円、小学生 400円、未就学児 無料。
障害者 大人 450円、小学生 200円。
駐車料金:無料(40台)
所在地:東京都西多摩郡奥多摩町氷川119-1
TEL:0428-82-7770
アクセス:JR青梅線終点の奥多摩駅から徒歩約10分。
 青梅街道新氷川トンネルの奥多摩駅側出口を川の方へ(都心から見て左側へ)曲がればすぐ。
     
もえぎの湯の公式ホームページへ

Copyright (C) Parkside All Rights Reserved.