大江戸温泉物語

大江戸温泉物語は、温泉というよりテーマパークです。
入館したら、まず館内で着る浴衣を選ばせてくれます。館内は様々な食事処、甘味処や縁日のような遊戯施設、マッサージ・エステなどがあって、全てロッカーキー番号に料金をつける形で手軽に楽しむことができます。またショースペースでは町人や町娘姿のスタッフがいろいろと楽しいショーを見せてくれます。
反面、お風呂はもうちょっと大きくていろいろな種類があるのかなと思っていたので、私的にはちょっと期待はずれでした。普通のお風呂、天然温泉、きめ細かな泡の「絹の湯」、露天風呂といったレパートリーです(女性風呂には桶風呂もある)。
地下1400mからくみ上げる「黄金の湯」はその名のとおり黄色い色をしていて、やや粘り気があり結構保温効果があると思います。泉質はナトリウム−塩化物強塩温泉(高張性・弱アルカリ性)だそうです。
何だかんだと過ごしているとあっという間にお金を使ってしまいます。ウチは家族で3万円も使ってしまった。コストパフォーマンスはあまりよくないと思います。まあ、お台場という立地を考えると、お金がかかるのも当たり前かもしれませんね。
ただ、地方の知人は東京に来たときにホテルに泊まらずにこの大江戸温泉物語に泊まるそうです。ここは朝9時までやっていますし、素晴らしい仮眠スペースもあるので、それを利用すればとてもお得です。
また、ここの会社は大江戸温泉物語以外にも各地の温泉地に系列旅館をもっていて、そちらは結構お得に泊まれると思います。

大江戸温泉物語の基本情報

営業時間:11:00〜翌9:00(最終入館時間は7:00)。
     但し月1回のメンテナンス日は夜間休業となります。
料金:大人(中学生以上)2,827円、子供(4才〜小学生)1,575円。
駐車料金:4時間まで 1,000円、以降30分毎に100円。上限1,500円
所在地:〒135-0064 東京都江東区青海2-57
TEL:03-5500-1126
アクセス:新交通ゆりかもめ「テレコムセンター」駅から徒歩2分。
     りんかい線「東京テレポート」駅から無料送迎バスもあります。

大江戸温泉物語の公式ホームページへ

大江戸温泉物語系列温泉旅館をさがす

Copyright (C) Parkside All Rights Reserved.