深大寺温泉ゆかり

結構テレビなどで紹介されている温泉ですが、温泉を掘り当てたのは1999年と最近なんですね。東京で一般的なナトリウム-塩化物温泉(等張性・弱アルカリ性)が、源泉は濃い褐色というか、黒湯などといわれるほど濃い色合いです。東京が昔海の底だった時代の海草がもとになっているそうです。
風呂は男女とも全14種類だそうで、香り風呂、塩釜風呂・蒸しサウナ、備長炭水風呂(男)、五右衛門風呂(男)、水晶水風呂(女)、などいろいろあります。風水を取り入れているそうですが、私にはよくわかりません。岩盤浴やマッサージ、食事処などの有料サービスもひととおりあります。
ただ、個人的な感想としては、あんまりリラックスできませんでした。夕方行ったからかもしれませんが、人が多くて特に内湯は芋洗い状態でした。また、玄関や廊下、更衣室などのつくりが案外狭いんです。お風呂の洗い場も狭くて少ないかもしれません。私がいったときは洗い場で待つ人の行列ができてました。また、無料休憩所や食事どころは2階にあるので、足の不自由な方にはつらいかもしれません。
というわけで、また行きたいなとは思いませんでしたね。

深大寺温泉ゆかりの基本情報

営業時間:10:00〜22:00(最終入館時間は21:00)。定休日:毎月第一水曜日
料金: 大人 1650円、学生(要学生証) 1350円、子供(3才〜小学生以下)1000円。
駐車料金:無料(50台)
所在地:東京都調布市深大寺元町2-12-2
TEL:0424-99-7777
アクセス:京王線調布駅北口から京王バスに乗り、「深大寺」停留所から徒歩5分程度。
京王線調布駅北口、およびJR線武蔵境駅南口より無料送迎バスあり。

深大寺温泉ゆかりの公式ホームページへ

Copyright (C) Parkside All Rights Reserved.